木綿玉飾り

おこんにちは!

今年もさんちゃんでは木綿玉を飾りつけました。



では、ここから木綿玉とはなんぞや?の説明を。

豊作を願って米の粉で木綿の花、まゆ玉、キュウリ等のだんごを作り、ミズキや柳の枝に飾ります。

木綿が麻に代わって庶民の衣服として普及したのは江戸時代初期ごろといわれ、冬の厳しい寒さをしのぐためにも、木綿の出現は想像以上にありがたいことであったことから 木綿玉 という名前が残っているのでしょう。

という、事です!

↑上記説明は去年のブログからコピーしましたっ







皆さんリンゴとかネズミとかオニオンリングみたいなものを作ってましたよ♡

そんな
農産物直売所さんちゃんはただいまお客様絶賛大募集中です!!

そうなんです、ようするに、ちょいとヒマなんです…